ご予約・お問い合わせはお気軽に 087-837-5566

 

内科 糖尿病・代謝内科 循環器内科/香川県高松市 はたぞえ内科医院

トップページ院長紹介診療時間交通アクセス
糖尿病について
トップページ»  糖尿病について

知っておいてほしいこと

食事を食べると必ず血糖値が上がります。

通常はインスリンというホルモンが膵臓(すいぞう)から出て血糖値を下げますが、糖尿病の場合インスリンが少ないため、血糖値がなかなか下がらず、高血糖が続きます。これがごく一般的に理解されている糖尿病です。

糖尿病はインスリンが足りない!? 糖尿病はインスリンが足りない!?

一番理解しやすい考え方ですが、糖尿病の治療を上手に長く続けるためにはもう少し違った知識が必要です。糖尿病はインスリンが足りないという考えはとりあえず忘れてしまいましょう。食事をとると血糖値が上がります。これは糖尿病だけに限りません。

食事をすると、まずは血糖値があがったなと膵臓が感知します。そうすると血糖値を下げるためのホルモン、インスリンを膵臓は出します。
そうすると血糖値が下がる訳ですが、実はインスリンは膵臓から出るだけでは血糖値は下がらないのです。

インスリンは膵臓から出た後に効かなければなりません。インスリンは大きく肝臓と筋肉に効き、効いた時点で初めて血糖値が下がる仕組みになっています。仮にたくさんの量のインスリンが膵臓から出たとしても、肝臓や筋肉に効かなければ血糖は下がらず、出たインスリンは無駄になります。
例えれば、インスリンが鍵で,肝臓や筋肉の表面に鍵穴が開いている様子を思い浮かべてください。膵臓からインスリンという鍵が出て、肝臓や筋肉の表面の鍵穴に入り、鍵をあけることができたら初めて血糖が下がるのです。しかし、もし鍵穴が壊れていたらどうでしょう。いくら鍵を差し込もうとしても鍵は開かず、結局、血糖値は下がらないのです。

インスリンはたくさん出れば良くて、少なければ駄目だということではないのです。効いているのか、効いていないのか。それが問題なのです。

糖尿病はインスリンが足りない!? 糖尿病はインスリンが足りない!?

さてインスリンが肝臓や筋肉に効かなくなるのはどういう人でしょうか?それは太っている人です。太っている人は間違いなくインスリンは効いていません。したがって、太っている人は絶えず膵臓から出たインスリンを無駄遣いしているということになります。

また、逆にインスリンが効かないということは、膵臓にとってかなり過酷な状況を作り出します。がんばってがんばってインスリンを出しても効かず、血糖値は下がらないため、さらにがんばってインスリンを出そうとします。これを長期間続けていると、膵臓は徐々に疲れてきてインスリンを出すことができなくなってきます。インスリンが出せる膵臓、出せない膵臓、いろいろですがまずインスリンを効かせることを考えた治療を行わなければ、いずれにせよ膵臓は駄目になります。

検査について

体重計

糖尿病とは自覚症状のない病気です。自覚症状がないからといって糖尿病を放置したり、中途半端な治療しかしなかったりすると、将来合併症に悩まされる結果になります。そうならないように日々の食事療法としっかりとした通院が必要です。

自覚症状がないため、自分の体の状態を把握するには検査をするしかありません。私の指示でいろいろな検査を受けて頂いていますが、大変申し訳ないことに検査データを全て説明する時間がなかなか取れません。必要最低限の検査結果は「糖尿病手帳」に記載しています。是非とも記載されている内容をご自身でも評価できるようになってください。

糖尿病は医者任せにしてどうにかなる病気とは違います。きちんと検査結果を自分で評価し、私と協力してもっと良い結果が出せるように頑張っていきましょう。

合併症のない豊かな人生を送りましょう!

体重

肥満による糖尿病治療への悪影響としては、インスリンが効きにくくなる事です、インスリンは膵臓からたくさん出れば出ただけ、ないしインスリン注射はたくさん打てば打っただけ必ず血糖値が下がるというものではありません。インスリンはきちんと効いて初めて血糖値を下げることができます。肥満を有しているとインスリンは十分効きませんから、血糖値は下がりにくいということになります。やせることはインスリンの効きを良くするという意味で絶対に頑張ってほしい事のひとつです。
目標体重(インスリンが一番効きやすい体重)の出し方は 身長(m)x身長(m)x22 で計算されます。


血圧

糖尿病の方は動脈硬化が非常に進行しやすい状態になっています。血圧をしっかり下げておくことは老若男女問わず非常に大切なことです。しかし月一回の病院の受診の時だけ測定しても不十分ですので、できる限り自宅でも血圧を測定する習慣をつけましょう、自宅で血圧測定をする場合は市販の自動血圧計を各自購入してください(薬局や家電販売店にあると思います。値段は5000~8000円程度かと思います)。自動血圧計を購入する場合の注意点は必ず上腕(肘より少し上)に巻くタイプの物を購入してください.手首や指で測定するタイプの自動血圧計もありますが測定値が治療の役に立たないため絶対に購入しないようにしてください。血圧計を購入したら朝起床直後と眠前(お布団に入る直前)の1日2回を測定しましょう。測定前には排尿を済ませてリラックスしましょう。血圧測定は必ず座った状態で行います(横になって寝た状態で測定してはいけません)。いすに腰掛けて血圧計を巻いた後、3分ぐらい安静にして呼吸を整えてから1回だけ測定してください。測定値をノートに記載して受診時にお持ち頂ければ治療する上で大変参考になります。
動脈硬化を進展させないための血圧管理目標値は上の血圧130以下、下の血圧80以下です。

血糖値

みなさんが受診されたときに血液をとって調べます。糖尿病といえば血糖値ということになるのですが、最低限知っておいてほしいことに、血糖値というのは採血をする時間によりかなり大きな変動があります。(食事前の血液なのか、食後何時間の血液なのか、前の日の夕食は何時に食べたのかなど)。従って、皆様の糖尿病がしっかり治療できているかどうかを正確に判断するには不適切な検査です。一応、参考程度に測定はしていますが出てきた結果で私たちがみなさまに良いとか悪いとかをお話をすることはほとんどありません。皆さんも血糖値は参考程度に見るぐらいにしておいてください。

HbA1c

糖尿病の血液検査の中で一番大事な検査ですので絶対に忘れないようにしましょう。血糖値は上で書いたように、1日のうちでもかなり変動します(上下します)。そのときの食事の内容にも当然影響されますし、検査の前日に宴会にでたりすれば当然影響を受けます。しかし糖尿病治療の大事なところは、合併症を出さないことですので、細かなことはさておき、大体の血糖がどれぐらいを推移していたのかが重要になります。HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー、時々ヘモグロビンとかエーワンシーとか略して言うこともあります)は過去1~2ヶ月間の大体の血糖の平均値と考えてください。1ヶ月という大きな目で見た平均値ですから、その日の食事や前の日の宴会の影響を受けることはありません。逆に言うと1ヶ月間まじめに糖尿病にとりくまず、受診日が近くなって頑張っても当然結果は出ません。このHbA1cを使って皆様の糖尿病の状態を正確に把握しています。合併症を出さないためのHbA1cの目標値は 6.2%以下 です。
当然6.2%よりも高くなればなるほど合併症は進行します。糖尿病手帳に記載してあるご自身のHbA1cの値を毎回必ず見て、しっかり覚えてください。

(注)2012年4月よりHbA1cの表記が変更になっています。
これまでの日本のHbA1c (JDS;日本基準値) はアメリカで主に使用されているHbA1c (NGSP;国際基準値) からすると約0.4%ほど低く出ていました。
そのため、現在はHbA1c (NGSP) に統一して診療を行う事になっています。

(注)2013年の熊本宣言により以下のようにコントロール目標が変更になりました。
血糖正常化を目指す際の目標;HbA1c (NGSP) 6.0%未満
合併症予防のための目標;HbA1c (NGSP) 7.0%未満
治療強化が困難な際の目標;HbA1c (NGSP) 8.0%未満

GA

グリコアルブミンは比較的最近測定を始めた検査なので耳慣れない患者さんが多いと思いますが、基本的にはHbA1cと同じ検査です。ただHbA1cが約1~2ヶ月間の血糖値の平均を示す検査であるのに対して、グリコアルブミンは約2~4週間と少し短い期間の血糖値の平均値を示しています。
また印象ですがHbA1cよりもグリコアルブミンの方がわずかな血糖変動で高めにでてしまう傾向があるようです。現在、HbA1cとグリコアルブミンの両方を同時に測定することは保険上できませんので、患者さんにより使い分けています。ただしグリコアルブミンは外注検査になりますので結果がお手元に届くのは1ヶ月遅れとなります(その日のうちに検査結果が出ません)。
合併症を出さないためのグリコアルブミンの目標値は 18.0以下 です。
※なお、時々HbA1cとグリコアルブミンの値にずれが生じる患者さんがあります。血糖変動があまり無い状態ではグリコアルブミンの値はHbA1cの3倍程度になると言われています。値のずれが大きい場合は検討が必要ですので概ね、私の方から説明をすることになると思います。

T.Cho

動脈硬化を進展させる悪玉のコレステロールです。血液検査でわかります。血圧と同様、総コレステロールも糖尿病の患者はしっかり下げておくことが大事です。動脈硬化を進展させないための目標値は 200以下 です。
ただし狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化が原因で起こる病気をすでに持っている方は 180以下 です。
これを超えている患者さんは、積極的に薬物を使用して下げましょう。

TG

これもコレステロールと同様、悪玉の油です。コレステロールと違って食事の影響をうけますので、採血をした状況でかなり測定値がばらつきます。一応の目安としては食前採血であれば 150以下 です。
食後採血であれば 250以下 ぐらいです。

HDL

コレステロール・中性脂肪と違って善玉コレステロールと呼ばれているものです。これは多い方が良いので基準値は 40以上 です。
HDLが低い方は、運動療法をすることと、たばこを吸われる方は禁煙をすれば増加することが知られていますので頑張ってみてください。

LDL.Cho

最近では総コレステロールではなく、このLDLコレステロールを測定することが多くなりました。動脈硬化を進める悪玉中の悪玉です。糖尿病の方は最低でも100以下、動脈硬化による病気をすでにお持ちの方はできるかぎり70付近まで下げておきます。

RLP

これも悪玉コレステロールの一種で動脈硬化の進展に深く関与しています。動脈硬化を進展させない正常値は 7.5以下 です。

尿たんぱく

尿の中にどれぐらいたんぱくがもれ出てきているか検査します。尿にたんぱくが出ていると言うことは、腎臓がそれだけ障害を受けている証拠になります。しかし尿たんぱく0でも早期の腎障害が進んできている可能性がありますので、下の尿アルブミンの検査を実施します。

尿アルビミン

3ヶ月に1回検査をします。尿検査ですが、尿の中に小さなたんぱく質(アルブミン)が漏れ出てきていないかをチェックしています。当然、陽性であれば腎臓からもれ出てきたということで糖尿病による早期の腎臓障害がでてきていることになります。正常値は 30以下 です。
早期腎症といって腎障害の比較的早期の場合は30~300です。
この程度であれば血糖管理と血圧管理をしっかりすれば正常に戻ることもありますので頑張りましょう。
しかし300を超えてしまった場合、元に戻ることはありません。この時期になると尿たんぱくは持続的に陽性を示します。それだけ進行した腎臓障害があるということです。将来的に透析が必要になる方もありますので注意して見ておいてください。

以上の検査結果が所せましと「糖尿病手帳」には記載してあると思います。書かれた数字を生かすも殺すも皆さん次第です。せっかくお金を払って検査した結果です。自分の体を正確に知るために、もう一度、自分の手帳をじっくり見てみてください。

あなたの糖尿病は大丈夫ですか?